採用情報RECRUIT

建物、雰囲気、教育、安全環境ーーー 働きやすい環境が、仕事への情熱を生む。
写真

改善点と情報を仲間全員で共有し生産性を向上させることを目標に工程リーダーとしての資質を磨く。

2008年4月入社

機能製造部 都留工場 第1製造課 成形G

N.N

部署内や他工場と密に連携し、
情報を共有して改善策を考案。

前職は美容師として働いていましたが、24歳のときに将来を考えて転職を決意。髪型を作る美容師の仕事も、ものづくりも似ているところがあると感じて当社に入社しました。今までと全く違う仕事で最初は不安もありましたが、昔から手先が器用だったことが幸いし、仕事にも比較的早く慣れることができました。
現在は圧電アクチュエータ成形の前工程リーダーとして生産計画管理や品質管理、原材料発注や製造の改善業務などを行っています。圧電アクチュエータは、まずテープと呼ばれるシート状のセラミックに回路を印刷したものを積み重ね、積層体を作ります。次に積層体の表と裏にも回路を印刷。加工工程でこれらを製品の寸法通りにカットし、成形します。これらの工程のすべてが規定通りに行われないと不良品につながってしまうため、グループの朝会では報告や話し合いを行い、全員で情報を共有して作業の精度を高めています。
また小牧工場で作られるテープそのものの品質についても課長やグループリーダーをはじめ、工場の担当者ともスカイプでミーティングを行いながら、生産の進捗状況を常に把握しています。お互いの成果を組み合わせ、よりよい製品を生み出すためには何が有効かを話し合います。後工程まで生産量を落とさずに製品を送り出すのが、工程リーダーとしての私の使命。そのために人との連携を大切にしながら、日々改善に向けて努力しています。

写真

提案が実際の仕事に反映されることで
生産性向上の一端を担うやりがいを実感。

工程リーダーに選ばれた当初は、自分に人を引っ張っていく力があるかどうか心配でした。しかし現場の第一線で働く先輩や仲間たちに支えられ、高めあいながら仕事をしていく中で、「上に立つ者としてもっと視野を広げ、しっかりと現状を把握しなければいけない。」と自覚。責任感も生まれ、工程の改善や品質の向上に積極的にかかわるようになりました。また工程リーダーになってからは、製造全体の改善について話し合う週1回の課会にも参加。毎回、改善項目が与えられ、資料やデータをまとめて次の課会で改善提案を行い、その内容がよければ採用されます。提案に悩む時も課長やグループリーダーがさまざまな角度から物事を見極めて導いてくれるので、今まで気づかなかった細かい部分にも気付けるようになり、ワンランク上の提案ができるようになりました。自分が提案したことを仕事に反映していただけることも多く、生産性の向上に柔軟に対応してくれる社風は、個々が成長を実感しやすい環境であると感じています。
工程内では、時に意見の食い違いが起こることもあります。その時はリーダーとしてまずそれぞれの意見をよく聞き解決策を考え、1人ひとりにアドバイスをするよう心掛けています。基本的に仲が良いので、製造現場は意外にも和気あいあいとした雰囲気で、みんなが楽しく働いているのが感じられ、嬉しく思います。
当社のよいところは、都留工場内だけではなく他工場ともしっかりと連携を取りながらお互いに助け合えるところ。心強いバックアップ体制が整っているので、安心して仕事に取り組むことができます。こうした環境で前工程リーダーとしてのスキルをさらに磨き、将来は全ての工程を見られるような人になりたいと思っています。

写真
写真

MY PRIVATE

小さい子どもが2人いるので、週末は子育てや家事を手伝います。どちらも今がかわいい盛り。昨年のリフレッシュ休暇は家族でみんなが大好きなテーマパークへ。子どもも妻もアトラクションやパレード鑑賞で盛り上がりました。

社員メッセージ(山梨地区 都留工場)