採用情報RECRUIT

充実した教育研修や福利厚生は、一人ひとりを大切にする社風の表れ。
写真

成長・変化し続ける会社に合わせて
その変化に柔軟に対応できる
経理のゼネラリストをめざす。

2017年4月入社

管理部 経理課

川﨑 健太

Kawasaki Kenta

親会社から信頼され、やりがいに。
新しい仕事にも意欲的に取り組む。

前職は他県の自動車部品製造会社で経理をしていましたが、結婚をきっかけに地元へ戻ることになり、転職を決意。製造会社の経理という今までの経験を活かせると思い、NGKセラミックデバイスへ入社しました。
仕事では日々の経理事務や業績の取りまとめ、税務申告の他に、月次や四半期末、年度末に親会社である日本ガイシへ連結決算のための報告を行います。以前働いていた会社も親会社との連結決算業務に携わり、同じような考え方や進め方で行っていたのでスムーズに仕事を行うことができています。入社して2年が経ち、こうした主担当業務は課内メンバーの協力を頂きながら1人でほぼできるようになりました。親会社の担当者からも信頼され、認められるようになってとてもやりがいを感じています。現在は会計士の監査対応も行うようになり、新たな仕事の広がりに対する意欲とともに自分自身の成長を実感しています。

写真

変化がともなう仕事に対応し、
適応力と判断力を身につける。

当社では近年、新製品の製造や新たな拠点の設立など、事業の成長拡大にともなう変化が続いています。それに合わせて、私たち経理の仕事も多岐に渡る仕事に携われます。新製品の管理会計上の対応としては業績の取りまとめや費用集計の体系の整備などを行います。工場の設備購入の際の管理用ラベルのチェックや、半年に1度の棚卸しの立ち会いなど、製造現場を支援する資産管理業務も大変重要な仕事です。これらの仕事は時に大変なこともありますが、自分の経験値や知識が増えることでさまざまな変化に対する適応力や判断力が身につき、今後の仕事に役立つと思っています。
また、こうした変化に随時対応できるように、経理課内で毎月勉強会を行い、お互いの仕事の進捗状況の確認や知識の習得を行っています。他にも各自が学びたい外部講座を受講することができ、自分に足りないものを得ることができます。私も会社法に基づく計算書類などの作成方法を勉強中。会社の規模拡大に合わせてこれまで以上に資料の精査が求められるので、スキルを身につけたいと考えています。
これらの学びや経験、また仕事で関わるすべての人からいいところを吸収しつつ、変化に柔軟に対応できる人になりたい。特定の分野に特化せず、経理としてさまざまな分野に精通するゼネラリストをめざしていきたいと思っています。

写真
写真

MY PRIVATE

サッカーとフットサルが趣味で、休日には社内外の人と練習や試合をしています。仕事以外で他部署の人とのつながりもでき、楽しいですね。また奥さんの趣味であるパン屋やcaféめぐりも一緒に楽しんでいます。