採用情報RECRUIT

充実した教育研修や福利厚生は、一人ひとりを大切にする社風の表れ。
写真

先輩や仲間のサポートで
ここまでこれたと実感。
やる気があれば成長できる。

2015年5月入社

HPC製造部・小牧工場・第3製造課・表面加工G・ラップ_ポリッシュ

森田 昌伸

Morita Masanobu

先輩の言葉を礎に創意工夫。
目標数を達成し、成長を実感。

航空業界で働いていましたが、不景気の煽を受けて会社が不安定な状態でした。将来を考えて安定した企業で長く働きたいと思ったこと、また好きなモノづくりによって達成感が感じられること、さらにAIやIOT、各種自動運転など自分たちが作る製品が世の中を動かすという社会貢献に魅力を感じて、この会社に転職しました。
現在は、PC・スマートフォン等に使用される半導体の製造に欠かすことができない、半導体製造装置用セラミックス製品の加工工程リーダーを担当しています。
セラミックス製品の加工では、セラミックスをまるで鏡のようにピカピカに仕上げるラップ加工工程があります。
入社当初はその前段階となる研削加工工程を担当していました。
当時は1人で1日最大加工数を仕上げるのが目標でしたが、最初は頑張っても半数程度しかできず、毎日が試行錯誤の連続。そんな時、研修中に聞いた「機械が動いている間に、いかに他の準備や加工後の処理が進められるかによって成果が変わる」という先輩の言葉を思い出し、自分なりに工夫して実践したところ、コツをつかむことができたのです。こうした創意工夫がすぐに反映され、結果が見える仕事であることにやりがいを感じると同時に、自分の成長も実感することができます。

写真

自分から積極的にコミュニケーション。
新人でもわかる書面作成で仕事を円滑に。

リーダーとしてはまず現場の安全を最優先し、次に自分から声をかけることを大切にしています。直接話すことでその人の体調にも気づき、また思っていることや不満も理解し、解決に導けます。また以前はパソコンがうまく扱えませんでしたが、リーダーになりパソコンを使うことが増え、事務処理も任されています。さらに機械のイレギュラーなトラブルにも自分で対応できるようになりました。こうした予期せぬ不具合への対応や作業内容を共有するための「要領書」の整備に着手しています。素人でも理解できる内容を構成し、新人教育にも活用できるように進めています。
この仕事は、やる気があればできる仕事。全く異業種から来た自分も、まわりの人々の手厚いサポートのおかげでここまでやってこられました。特にラップ加工の工程は仲間同士で指示出し合ったり話し合ったりすることが多いので、自然に仲間意識が生まれ、上下関係も風通しがよくなります。マンツーマンの指導も丁寧に行うので、やる気がある人は安心して入社できる環境だと思います。私もこれからさらに勉強と努力を重ね、さらに生産性の向上をしていきたいと考えています。

写真
写真

MY PRIVATE

バイクが趣味で、知多工場での研修時代の仲間や1人でもよく走りに行きます。風を切って走る爽快感は最高です!以前、長期休暇を利用して北海道全道をバイクで走破。とにかく景色がすばらしかったです。