採用情報RECRUIT

Factory Tour

ファクトリーツアー

NGKグループが集結する地域 1994年設立の本社機能のある最大拠点
本社工場

NGKグループが集結する地域
会社全体を支え、生産をリードする中心拠点

概要
工場設立 1994年
生産品目 電子デバイス用ウエハー、照明用セラミック部品、半導体製造装置用セラミックス、自動車NOxセンサー用セラミック素子
敷地面積 32,100㎡

製品紹介

独自のセラミック技術で
多様な製品を製造

  • 【電子デバイス用ウエハー】

    独自の研磨技術や接合技術、材料技術を駆使した高機能・高性能電子回路向けのウエハー。複合ウエハーはスマートフォンなどの無線通信機器に使用される主要電子部品の一つで、特定周波数の電波を取り出す役割を担い、通信品質を左右します。

    SAWフィルター用複合ウエハー パソコン、スマホ等に
  • 【照明用セラミック部品】

    ハイセラムは光を通すユニークなファインセラミックス。高輝度放電灯の発光管に適した素材でランプの長寿命化に貢献します。照明をよりエコロジーにする、セラミック技術です。中でも高圧ナトリウムランプ用発光管は高速道路をはじめ駐車場や空港、高天井の工場などで広く利用されています。

    ハイセラム 高速道路の照明に
  • 【半導体製造装置用セラミックス】

    半導体製造装置にはシリコンウエハーを保持し、均一に加熱し、しかもガスやプラズマには腐食されにくい事等が要求されます。これに応えるのが、窒化アルミニウム(AlN)やアルミナ材料を使用したセラミックスです。世界中の多くの半導体工場で使用されており、情報社会の発展に貢献しています。

    AlNヒーター
  • 【自動車NOxセンサー用セラミック素子】

    NOxセンサーは日本ガイシが世界で初めて開発、実用化しました。排ガス中の窒素酸化物(NOx)の濃度をppm(100万分の1)レベルの高精度でリアルタイムに測定する製品です。当社ではNOx濃度検知の鍵となるセラミック素子を製造しています。

    NOxセンサー/セラミック素子

エリア紹介

住むなら小牧、働くなら小牧
当社は小牧市が働くみんなにとって
より住みたくなる街づくりを支援しています

本社工場のある小牧市のシンボルは何といっても「小牧山」。
1563年(永禄6年)戦国時代の只中、三英傑の1人である織田信長が、自身初めての築城である小牧山城を築城し居城としました。その後羽柴秀吉陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた「小牧・長久手の戦い」が起きました。このような歴史遺産のある小牧市を当社をはじめNGKグループは積極的に支援しています。

子育てにやさしいまち

入院・通院ともに医療費が中学3年生まで無料

中学校卒業までのこどもを対象に、医療機関を受診された際、入院・通院ともに医療保険の自己負担額を助成。

おたふくかぜの予防接種無料化は県下で小牧市のみ

>詳しくはこちら

グルメなまち

50以上の名店がひしめくラーメン激戦区

歴史と触れ合う

れきしるこまき(小牧市)

産業や芸術文化の豊かなまち

名古屋コーチン
発祥の地
あいち航空ミュージアム
(小牧市)
メナード美術館
(小牧市)

近隣には名古屋、
犬山など休日のお出かけスポットも充実

名古屋市
明治村 旧帝国ホテル
(犬山市)

工場内の施設をご案内します

広々とした社員食堂 日替わりで選べるメニュー
エントランス
休憩室

本社工場の社員を紹介します